日本人馬賊王として知られる小日向白朗。戦乱の中国大陸で波乱万丈に生き、日本の戦後史に大きな影響を与えたその人生の軌跡を現代的な視点から見つめます。