小日向白朗

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

小日向 白朗(こひなた はくろう、1900年(明治33年)1月31日 - 1982年(昭和57年)1月5日)とは、単身で中国大陸に渡り、捕虜から「中国全土の馬賊」の総頭目にまで上り詰めた日本人の馬賊である。新潟県三条市出身。本名は健松。中国名は尚旭東。民衆からは小白竜とも呼ばれた。

シベリア単騎横断で有名な福島安正中佐にあこがれ、中国、チベットを調査しながら、ドイツを目指そうと17歳で中国に渡る。中国では関東軍の坂西利八郎大佐に気に入られ、中国語、射撃等の訓練に励んだ。
20歳でモンゴルのウランバートルを目指す旅に出たが馬賊に襲われ捕虜となり、命と引き替えに馬賊の下働きとなる。その後、数多くの戦いで頭角を現し、のち馬賊の聖地である千山無量観で道教と武当派の中国拳法等の修行をつみ、大長老の葛月潭老師より「尚旭東(しゃんしゅいとん)」の名と破魔の銃「小白竜(しょうぱいろん)」を授かった。この瞬間小日向白朗は中国全土の馬賊の総頭目となった。

大本教の出口王仁三郎がモンゴル入り後に張作霖に捕らえられたとき出口の釈放に奔走した。

戦後は国民党軍に逮捕され、漢奸罪で起訴されるも、日本国籍を有していることが認められ免訴となる。

1982年、東京都新宿区にて死去。

〇モデルにした小説・漫画
朽木寒三『馬賊戦記 – 小日向白朗蘇るヒーロー』、1966年。新装改訂版上・下、ストーク、2005年。徳間文庫でも刊行された。
都築七郎『馬賊 – 中国仁侠の自衛組織』新人物往来社、1974年。
横山光輝『狼の星座』 全4巻、講談社少年マガジンKC、1985年。講談社漫画文庫、2005年。上記『馬賊戦記』を元に描かれた。

〇関連文献
関浩三『日本軍の金塊: 馬賊王・小日向白朗の戦後秘録』(学研パブリッシング 2013年)
小日向明朗/近藤昌三訳『馬賊王小白竜父子二代 ある残留孤児の絶筆秘録』(朱鳥社 2005年)
笠尾恭二『中国拳法伝 – 新たなる拳法史観のために』新版、福昌堂、2000年。
渡辺龍策『馬賊 – 日中戦争史の側面』中央公論社〈中公新書〉、1964年。
同『馬賊頭目列伝-広野を駈ける男の生きざま』(秀英書房 のち徳間文庫、1987年)
同『大陸浪人』(徳間文庫 1986年)